• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 情報・システム研究機構

過去のNewsの一覧

過去のNewsの一覧

2017年11月30日

【セミナーのお知らせ】2017年12月19日(火)開催(社会データ構造化センター)

調査科学セミナー「継続調査の活用シリーズ」

統計数理研究所調査科学グループとデータサイエンス共同利用基盤施設社会データ構造化センターでは、下記の様な調査科学セミナーを企画しました。
どなたでも無料でご参加いただけます。奮ってご参加ください。
 
参加人数把握のため、聴講希望者は下記に事前にご連絡いただけますと幸いです。
 
申し込み先E-mail:chosa1@ism.ac.jp
 
今後も長期にわたる継続調査(狭い意味の社会科学にとどまらず、幅広い内容の調査を含みます)の活用をテーマとしたセミナーを、企画していく予定です。

調査科学セミナー「継続調査の活用シリーズ」

日時:2017年12月19日(火)15:00~17:30
場所:統計数理研究所セミナー室5(3階)東京都立川市緑町10-3
アクセス:http://www.ism.ac.jp/access/index_j.html

企画:
 ・データサイエンス共同利用基盤施設社会データ構造化センター
 ・統計数理研究所調査科学グループ

講演タイトル:健康余命の延伸と咀嚼機能と高齢者の社会参加と
       ―ベイズ型コウホートモデルの「魅力」を添えて―

講演者:那須郁夫先生
 北原学院歯科衛生専門学校 校長
 日本大学松戸歯学部 特任教授

講演概要:
本セミナーでは、演者が関わってきました疫学調査のなかから主な調査・分析結果をご紹介します。
あわせて、ベイズ型コウホートモデルが持ち合わせている魅力についても、個別調査と比較した私のとらえ方を述べてみたいと思います。具体的な話題は以下の3点です。

1:昭和32年に始まり、以降6年ごとに実施されてきた、長期にわたる横断調査の「歯科疾患実態調査(厚生労働省)」についてご紹介をいたします。最近公表されて話題となった、日本老年学会の高齢者の定義変更の提言に際しては、この調査を用いた演者らの研究が一定の役割を果たしました。

2:地域で生活する高齢者の悉皆縦断調査「TMIG-LISA(東京都健康長寿医療センター研究所)」における身体測定で得たデータから、「咀嚼の構造(成り立ち)」をモデル化した研究をご紹介いたします。
 また、ここでは数量化III類や、演者が川喜田二郎氏本人から教わったKJ法による、調査のデータ構造の把握(高いところから見る=俯瞰)についてもお話しいたします。

3:全国高齢者5,000人規模の縦断調査「NUJLSOA(日本大学総合科学研究所)」のデータを用いた多相生命表モデルから、健康状態別余命(平均余命、健康余命、不健康余命)を計算した結果をご紹介いたします。
 結果からは咀嚼能力として「さきいか・たくあん」が噛める高齢者は、そうでない高齢者に比べて、健康余命が長いことが示されました。

2017年11月13日

【イベント】(12/4・立川)第5回CODHセミナー「 信頼できるデータリポジトリ 」(人文学オープンデータ共同利用センター)

第5回CODHセミナー

信頼できるデータリポジトリ
〜CoreTrustSeal認証に関する実践的情報共有の場〜

を開催します。

詳しくはこちらをクリックしてください。

2017年11月13日

Edo+150プロジェクト、武鑑全集、くずし字チャレンジ!を公開しました(人文学オープンデータ共同利用センター)

人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)は、大政奉還150年を記念して、「Edo+150プロジェクト」「武鑑全集」「くずし字チャレンジ!」のプロジェクトの開始を発表し、各プロジェクトのウェブページを公開しています。

Edo+150プロジェクト」は、江戸時代に関するオープンデータと人工知能などを活用しながら江戸の情報空間を現代によみがえらせるプロジェクトです。

武鑑全集」は、『武鑑』を網羅的に解析し、江戸時代の大名家や幕府役人に関する人物・地理情報などの中核的情報プラットフォームを構築するプロジェクトです。今後、より多くの『武鑑』を対象とした解析を行う計画ですが、現在は、『寛政武鑑』(1789年)を分析対象としており、「大名家一覧」「大名家地図」「参勤交代アニメーション」といったデータが公開されています。

くずし字チャレンジ!」は、くずし字の大規模な学習データセット「日本古典籍字形データセット」を広く世界に公開し、「くずし字×AI」という課題に集団の力で挑戦するプロジェクトです。

2017年10月23日

【イベント】(11/6・東京)「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム~データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦

国立国会図書館にて以下のイベントが開催されます。CODH北本センター長が講演及びディスカッションの司会を行います。奮ってご参加ください。(参加費は無料ですが、事前申込みが必要です)

 日時: 2017年11月6日(月) 13:30~17:45(13:00開場)
 会場: 国立国会図書館 東京本館 新館講堂

 主催:国立国会図書館
 後援:大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国文学研究資料館
    大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター

詳細はこちら

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201711rda.html

国際会議報告
 「節目を迎えたRDAの今後~モントリオールRDA大会から(仮)」
  村山 泰啓 (情報通信研究機構戦略的プログラムオフィス研究統括、RDUF副会長)
 「RDAに参加して~デジタルアーカイブとの接点」
  林 和弘 (科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 上席研究官)
 「デジタルデータの長期保存~iPRES京都大会から」
  杉本重雄 (筑波大学図書館情報メディア系教授)
 「iPRESに参加して~JPCOARの取組みから研究データの保存を考える」
  南山泰之 (国立極地研究所情報図書室)
国内事例報告
 「デジタルアーカイブと研究データ: 人文学における利活用の展望」
  北本朝展 (人文学オープンデータ共同利用センター長)
 「研究データとしての古典籍: その必要と活用」
  山本和明 (国文学研究資料館古典籍共同研究事業センター 副センター長)
 「自然史標本データのアーカイブと研究」
  神保宇嗣 (国立科学博物館動物研究部 研究主幹)
 「アジア歴史資料センターの利活用」
  佐野豪俊 (国立公文書館アジア歴史資料センター次長)
 「国立国会図書館におけるデジタルアーカイブと研究データ~保存と活用の可能性」
  川鍋道子 (国立国会図書館電子情報部副部長)
 「研究データ利活用協議会案内」
  武田英明 (国立情報学研究所教授、RDUF会長)
フロアも交えたディスカッション
 デジタルアーカイブと研究データの出会い:保存と活用における課題と知見の共有に向けて
  司会: 北本朝展 (人文学オープンデータ共同利用センター長)

2017年9月19日

【お知らせ】大学共同利用機関法人(I-URIC)連携企画「共生・共存と多様性の維持」におけるDS施設のご紹介

大学共同利用機関法人/ Inter-University Research Institute Corporation (I-URIC)
・人間文化研究機構
・自然科学研究機構
・高エネルギー加速器研究機構
・情報・システム研究機構
では、さまざまな機構間連携の取組みを行なっています。

この度、連携企画として「共生・共存と多様性の維持」に関する第1回の勉強会が開催されますので、お知らせします。

日時:2017年9月20日(水) 13:00-17:30
場所:総合地球環境学研究所 講演室
http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2017/0920.html

情報・システム研究機構からはデータサイエンス共同利用基盤施設(DS施設)に関する紹介をさせて頂きます。

2017年9月6日

「分野を超えた科学データの共有・引用・出版に関する国際ワークショップ」(12/5-7, PEDSC)

「分野を超えた科学データの共有・引用・出版に関する国際ワークショップ」(2017年12月5-7日、於:立川地区)

http://polaris.nipr.ac.jp/~pseis/data.ws-2017/main.dwt

概 要:
 本ワークショップでは、研究成果のオープン化に関する国際状況を踏まえ、極域科学(地球惑星科学・生物学)をはじめ人文学・社会学的データも含む学際的視野に立ち、科学データ全般を扱うオープンサイエンス・オープンデータの最近の動向について議論する。特に分野横断型研究への発展の可能性を含め、データ共有(相互利用)・データ引用・データ出版・データジャーナル等に関する情報・意見交換を重点的に行う。また国際連携の枠組みをベースにした学際的データサイエンス・コンソーシアム形成も将来の視野に入れ、今後の「データサイエンス共同利用基盤施設」における共同利用・共同研究のための各種プラットフォーム構築の方向性・展望を検討する。関連する分野の海外研究者を招へいし、以下のテーマのセッション構成で開催する。

- 各科学分野・データセンターにおけるデータマネージメント現況、南極科学委員会(SCAR)・国際北極委員会(IASC)・世界データシステム(WDS)をはじめ、ICSU下の学際組織・参画センターによるデータ活動の紹介
- 各科学分野・データセンターにおけるデータベース・データシステムの現状、課題・問題点、将来計画、等に関する情報提供
- 国内外関連機関とのデータの共有・相互利用、学際的データ流通、その他汎地球的規模のデータネットワーク推進、等
- データ引用(Data citation, DOI付与)、データ出版・データジャーナル、等についての最近の進展・トピックス、データジャーナル運用に関する意見交換
- 分野横断型のデータ共有・データ引用・データ出版の推進に望まれる機能、及び管理運用体制についての意見交換

添付ファイル
2017年9月6日

International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines (PEDSC)

" International Workshop on Sharing, Citation and Publication of Scientific Data across Disciplines "

Joint Support-Center for Data Science Research (DS), Tokyo
5–7 December 2017

http://polaris.nipr.ac.jp/~pseis/data.ws-2017/main.dwt

Scope of Workshop :
- The Workshop will focus on recent topics of interest in the field of scientific data, which are attributed to play a crucial role in global trend on accelerating "Open Science" and "Open Data". Contributions from all scientific disciplines are welcome, including life and bio science, social and human science, as well as polar science.
Inter-disciplinary orientated topics on data management are especially encouraged.
- Presentations will be given that span the entire range of topics of effective scientific data management by individual data center; from management planning and policy, to submission of metadata and actual data, to share the data so as to facilitate new inter-disciplinary science, to long-term preservation and stewardship with global and social perspectives. Topics on data citation, data publication and data journal are strongly encouraged in terms of "Open Science" for the retrieved and archived data. Contributors will report on successes and challenges recently encountered, best practices learned, and what must yet be done to ensure the past data legacy.  Fruitful discussions on data publication issues between multi-branch of science are expected to give a new horizon on data management and to achieve inter-disciplinary linkages.
- By this Workshop, it is expected that mutual understanding on data activities in different fields of science could be obtained, and future activities are progressed, such as a promotion of new inter-disciplinary sciences and new research collaboration using multi-disciplinary data, as well as a contribution to global data activities based on facilities provided by the Joint Support-Center for Data Science Research of ROIS.

Session Themes :
- Data Center - Best Practise & Activity: Current Accreditation Schemes and their Benefits, Positives and Negatives of Current Approaches of each Data Center, Data Management Planning, Data Policy, etc.
- Database, Data System - Network & Administration: Database, Data System, Metadata, Vocabularies, Ontology, Cloud Computing and Storage, Repository Practises & Standards, etc.
- Data Sharing & Inter-Operability: Data Shearing, Virtual Observatories, Information and Communications Technology Infrastructure Protocols and Architectures, Sustainability and Governance Models, Real-Time Data Handling, etc.
- Data Citation & Publication, Data Journal: Best Practise of Data Citation, Data Publication, Data Journal, Scientific Reward and Recognition Systems, etc.
- Future of Data Shearing, Citation & Publication across Discipline:
Any Theme as long as the Data Shearing, Citation and Publication is strategically forward looking across Discipline

Schedule summary:
5 December 2017 @ Lecture Room (4F, NIPR(国立極地研究所))
6 December 2017 @ Multi-Purpose Meeting Room (2F, NINJAL(国立国語研究所))
7 December 2017 @ Multi-Purpose Meeting Room (2F, NINJAL(国立国語研究所))

Important Dates:
15 September 2017: Final fixing of the program (presenters & titles)
15 October 2017: Abstract submission deadline
5-7 December 2017: Workshop date

添付ファイル
2017年7月10日

第4回CODHセミナーデジタルアーカイブにおける画像公開の新しいトレンド~IIIFが拓く画像アクセスの標準化と高度化~

CODHでは、画像公開の国際標準の枠組みを定めるIIIF (International Image Interoperability Framework)に関して幅広い視点から情報共有する場として、「第4回CODHセミナーデジタルアーカイブにおける画像公開の新しいトレンド~IIIFが拓く画像アクセスの標準化と高度化~」を開催いたします。
日時     2017年7月27日(木) 13:50-17:00
会場 国立情報学研究所 1208/1210会議室
  定員に達したため、参加申し込みは終了いたしました。
言語 講演はすべて日本語です。
主催 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設 人文学オープンデータ共同利用センター(CODH)
後援 デジタルアーカイブ学会 技術部会
 
参加登録
定員に達したため、参加申し込みを終了いたしました。当日受け付けはありませんので、後日に人文学研究データリポジトリから公開予定の講演資料をご覧下さい。なお近日中には、同日午前中に開催する予定のIIIFハンズオンセミナーの申し込みを開始する予定です。
その他
プログラムや講演者、発表概要はセミナーサイトをご参照ください。
2017年6月8日

【データセット更新!】日本古典籍データセット・日本古典籍字形データセットを更新しました(人文学オープンデータ共同利用センター)

日本古典籍データセットおよび日本古典籍字形データセットを更新しました。
日本古典籍データセットは、点数が700→701、コマ数が158,455→158,553に増加し、日本古典籍字形データセットは、文字種が1,521→3,999、文字数が86,176→403,242に増加しました。
 
日本古典籍データセット http://codh.rois.ac.jp/pmjt/
日本古典籍字形データセット http://codh.rois.ac.jp/char-shape/
人文学オープンデータ共同利用センターアカウントでも発信中! https://twitter.com/rois_codh
2017年5月12日

人文学オープンデータ共同利用センター特任研究員募集

募集は6/30(金)をもって終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。