• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 情報・システム研究機構

過去のTopics一覧

過去のTopics一覧

2017年2月17日

【締め切りましたが、当日参加を受付けます!】機構シンポジウム「分野を超えたデータサイエンスの広がり」(2017年2月20日)

本日昼に、申込みを締め切りました。

多数のお申込みをいただきありがとうございました。

Web上では締め切りましたが、まだ席に余裕がございますので、当日は直接会場にお越しいただき、受付にお申し出ください。

─────────────────────────────────────
◆情報・システム研究機構シンポジウム◆
「分野を超えたデータサイエンスの広がり ~自然科学から人文社会科学まで~」
http://www.rois.ac.jp/sympo/2016/
─────────────────────────────────────
当機構が本年度新設したデータサイエンス共同利用基盤施設の活動、大規模データ共有及びデータ解析の支援事業と人材育成について、大学、企業等からの期待と当機構の活動を紹介します。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

●日 時:2017年2月20日(月)11時~19時
    ・講演:13時~17時30分 ・ポスター展示:11時~19時
●場 所:東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1 東京大学内)
●参加費:無料
●定 員:400名
●締 切:2月10日(金)

【プログラム】
・基調講演
「情報・システム研究機構のこれまでを振り返って」
  機構長 北川源四郎

・招待講演
「大学におけるデータサイエンスとその教育」
  九州大学理事・副学長 安浦寛人氏
「データは誰のものか」
  人間文化研究機構理事 佐藤洋一郎氏
「シン・ニホン - AI × データ時代における日本の現状と人材育成課題 - 」
  ヤフー(株)チーフストラテジーオフィサー 安宅和人氏

・テーマ講演
「データサイエンス共同利用基盤施設の取組み」
  データサイエンス共同利用基盤施設長 藤山秋佐夫
「異分野融合・新分野創成を担うデータサイエンティストの育成基盤」
  理事・統計数理研究所長 樋口知之
「情報・システム研究機構の新時代に向けて」
  理事 藤井良一

・南極昭和基地からの中継「データ発生の現場から」

2017年1月23日

機構シンポジウム「分野を超えたデータサイエンスの広がり」(2017年2月20日)

─────────────────────────────────────
◆情報・システム研究機構シンポジウム◆
「分野を超えたデータサイエンスの広がり ~自然科学から人文社会科学まで~」
http://www.rois.ac.jp/sympo/2016/
─────────────────────────────────────
当機構が本年度新設したデータサイエンス共同利用基盤施設の活動、大規模データ共有及びデータ解析の支援事業と人材育成について、大学、企業等からの期待と当機構の活動を紹介します。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

●日 時:2017年2月20日(月)11時~19時
    ・講演:13時~17時30分 ・ポスター展示:11時~19時
●場 所:東京大学伊藤謝恩ホール(東京都文京区本郷7-3-1 東京大学内)
●参加費:無料
●定 員:400名
●締 切:2月10日(金)

【プログラム】
・基調講演
「情報・システム研究機構のこれまでを振り返って」
  機構長 北川源四郎

・招待講演
「大学におけるデータサイエンスとその教育」
  九州大学理事・副学長 安浦寛人氏
「データは誰のものか」
  人間文化研究機構理事 佐藤洋一郎氏
「シン・ニホン - AI × データ時代における日本の現状と人材育成課題 - 」
  ヤフー(株)チーフストラテジーオフィサー 安宅和人氏

・テーマ講演
「データサイエンス共同利用基盤施設の取組み」
  データサイエンス共同利用基盤施設長 藤山秋佐夫
「異分野融合・新分野創成を担うデータサイエンティストの育成基盤」
  理事・統計数理研究所長 樋口知之
「情報・システム研究機構の新時代に向けて」
  理事 藤井良一

・南極昭和基地からの中継「データ発生の現場から」
─────────────────────────────────────

2016年11月26日

ゲノムデータ解析支援センターのホームページを開設しました。

ゲノムデータ解析支援センター ホームページ

2016年11月8日

人文学オープンデータ共同利用センター準備室のページを更新しました。

人文学オープンデータ共同利用センター(準備室)

2016年9月6日

機構組織図を更新しました

はじめに(機構組織図)

2016年7月1日

本サイトをオープンいたしました

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。