• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 情報・システム研究機構

ライフサイエンス
統合データベースセンター

ライフサイエンス
統合データベースセンター

生命科学系データベースを最大限活用するために

 Established in April 2007, Database Center for Life Science (DBCLS) forms a base for integrating databases in life science field. Positioning itself as a specialized institution to provide biological databases and related services, DBCLS integrates and maintains biological databases mainly within Japan, conducts R&D of information technology and develops new services to enhance usability.

 In the life science field, the era of big data began in the late 1990s, owing to rapidly grown projects such as Genome and Omics projects. As a consequence, thousands of databases have become publicly available around the world. It is not an overstatement to say that the entire knowledge in this field transforms itself as databases, and to make most of the databases is indispensable for the progress of research.

 However, many comments from users complaining the hard-to-use databases suggest that these databases and the surrounding environment are not sufficiently refined for the efficient utilization. In addition, there are systematic issues such that after completion of the research period, related databases just disappear due to the lack of maintenance, and difficulties in the reuse of data and research results due to unclear intellectual properties, and in handling of personal information in clinical trials. DBCLS aims to resolve these issues through multilateral activities including R&D to improve database reusability, BioHackthon, and training programs.

ライフサイエンス統合データベースセンター(Database Center for Life Science:DBCLS)は、ライフサイエンス分野におけるデータベース統合化の拠点を形成することを目的に、2007年4月に設立されました。DBCLSでは、国内を中心にデータベースの統合化と保全に努め、利用者の利便性を高めるための情報技術の研究開発やサービスの開発を行います。

ライフサイエンス分野では、1990年代後半から、急速に進展したゲノムプロジェクトやオミクスプロジェクトにより大量のデータが産み出されるようになり、その結果、世界中で数千をこえる多様なデータベースが研究成果として公開されています。この分野の知識全体がデータベースにかたちを変えているといっても過言ではなく、データベースをうまく使いこなすことが研究の進展に不可欠になっています。

しかし、利用者からは「必要なデータベースが見つからない」「使い方がよくわからない」「データを組み合わせてより高度な解析ができない」など不便を訴える意見も多く、データベースを効率よく利用するための環境整備は充分ではありません。また、研究期間が終了したデータベースはメンテナンスされなくなり消滅してしまうといった問題や、データや成果情報の権利関係が明記されず再利用が難しい問題、臨床研究における個人情報の取り扱いなど、制度上の問題も多く存在しています。そこでDBCLSでは、データベースの再利用性を高めるためのセマンティック・ウェブ技術などの情報技術の研究開発、国際標準化のためのBioHackathon、各種の講習会など、多面的な活動を通してこれらの問題解決を目指します。


■ メンバー

こちらを参照ください。