• 小
  • 中
  • 大
  • 情報・システム研究機構

事業内容

事業内容

設置目的と事業内容

ご挨拶

 「データサイエンス共同利用基盤施設(DS施設)」は、大規模データの高度な解析により科学や社会の課題を解決する「データサイエンス」を全国規模で融合的に推進するための共同利用・共同研究拠点です。
 情報・システム研究機構は、データサイエンス(データ駆動型研究)を合い言葉に大学等との連携・協働の強化をする目的で、2016年度にDS施設を設置しました。データサイエンスといっても機構の各研究所が扱うデータは極めて多種多様で、DS施設各センターの活動進捗状況も対応する分野コミュニティの成熟度に依存してさまざまです。
 DS施設で扱うデータも、ゲノムや遺伝子に関する大量の生命情報データや大気レーダデータ等による観測データから、古典籍や社会調査、公的ミクロデータまで広い範囲に及ぶため、DS施設各センターは、情報・システム研究機構を構成する4つの研究所─国立極地研究所、国立情報学研究所、統計数理研究所、国立遺伝学研究所─や、他の大学共同利用機関法人の研究所等と協力して活動しています。


施設長:藤山秋佐夫

設置目的

 データサイエンスの観点から、大学等の多様な分野の研究者に対し、大規模データ共有支援事業およびデータ解析支援事業と人材育成を行なうことで、我が国の大学等の研究力強化に貢献するとともにオープンサイエンスの実現を目指します。
 また、研究コーディネータによる学会ブース展示等により、事業紹介や相談受付、解析手法のアドバイスを行い、大学等のデータ駆動型学術研究を支援しています。

支援する事業

  • データ共有支援
    • 生命科学分野におけるデータ共有支援事業
    • 極域環境科学分野におけるデータ共有支援事業
    • 人間・社会分野におけるデータ共有支援事業
    • 人文学オープンデータ共有支援事業
  • データ解析支援
    • ゲノムデータ解析支援事業
    • データ融合計算支援事業

組織

 ↓図のセンターをクリックすると該当ページが別窓で開きます(PCのみ)。

 資料については、下記からダウンロードできます。
 https://ds.rois.ac.jp/article/download/


ロゴマークについて

DSの文字で地球(地軸)の傾きを、そして周囲は4つの研究所を表現しています。

全体では、枠に収まらずに形を変えながら発展するさまを表すとともに、親しみのあるシルエットにより社会貢献を意味する組織をイメージしています。

添付ファイル

紹介ビデオ(9分13秒)

 

 

6倍速(1分32秒)

【ご参考】共同利用・共同研究のロードマップ:(2019.03.12公開版)