• 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 情報・システム研究機構

人文学オープンデータ共同利用センター

人文学オープンデータ共同利用センター

 

人文学(人文情報学)という新たな学問分野を創生し、データを中心としたオープン化を推進

人文学オープンデータ共同利用センターの設立

 2016年4月1日、情報・システム研究機構・データサイエンス共同利用基盤施設(Joint Support-Center for Data Science Research)にて、人文学オープンデータ共同利用センター(Center for Open Data in the Humanities / CODH)準備室がスタートしました。1年をかけて、準備室からセンターの立ち上げに向けたプロジェクトを開始し、2017年4月1日正式にセンターとなりました。

 本センターでは、国立情報学研究所と統計数理研究所が協力し、国内外の人文学研究機関と連携しながら、人文学オープンデータの共同利用という課題に取り組んでいきます。

センターの目的

・データサイエンスに基づく人文学(人文情報学)という新たな学問分野を創生し、データを中心としたオープン化を推進することで、組織の枠を超えた研究拠点を形成・強化

・情報学・統計学の最新技術に基づき、内容分析に基づく「深いデータ公開」を追究。

・機構間連携や海外機関連携を活用し、日本の人文知を世界に向けて集約、利用、発信。

・オープンデータに基づくシチズンサイエンスやオープンイノベーションの実例を一般化。

センターの活動内容

 課題1 - データ利用基盤構築
 課題2 - 内容分析
 課題3 - 質的向上
 課題4 - オープン化

関連するトピック

 デジタル・ヒューマニティーズ
 デジタル・アーカイブ
 メモリープラットフォーム
 オープンサイエンス

メンバー

北本朝展(センター長)

国立情報学研究所
 大山敬三
 相澤彰子
 鈴木親彦

統計数理研究所
 持橋大地
 松井知子
 前田忠彦