イベント情報の記事一覧

2018年11月19日

14:30-15:30, November 22 (Thu), 2018:8th CODH Seminar

Exploring Deep Learning for Classical Japanese Literature, Machine Creativity, and Recurrent World Models!

We are pleased to announce that David Ha, a research scientist at Google Brain, will give a talk about deep learning, especially about deep generative models and machine creativity. You are all invited. Registration in advance is required. #codh8

Click here!

2018年11月17日

Closed “International Workshop on Data Science 2018”.

◆Snapshot of International Workshop on Data Science - 2018
    

◆Tour to National Institute of Genetics, 14 Nov. 2018
  

2018年10月2日

大学共同利用機関 シンポジウム2018(10/14) ~最先端研究大集合~

下記のとおり、大学共同利用機関シンポジウム2018が開催されます。
当施設も機構のブースで展示を行ないます。

【開催日時】平成30年10月14日(日)11時から16時30分(入場は16時まで)
【場所】名古屋市科学館地下2階イベントホール
    〒460-008 名古屋市中区栄二丁目17番1号

大学共同利用機関シンポジウム2018

2018年8月17日

DSWS2018_一般講演会「暮らしの中のデータサイエンス」開催のお知らせ(2018年11月12日)

データサイエンス一般講演会 「暮らしの中のデータサイエンス」

【場所】三島市民文化会館『ゆぅゆぅホール』1 階小ホール
【登録不要・入場無料】

静岡県三島市で開催するデータサイエンス国際ワークショップ(英語ページ)の一環として、その初日に開催する一般向け講演会です。
どなたでもご参加いただけますので、直接会場へお越しください。

日時:平成30年11月12日(月)16:00~17:30( 15:30 開場)

講演:自然災害とデータサイエンス「東海地震と富士山噴火の歴史」中西一郎 京都大学教授
講演:農業とデータサイエンス「DNA データが加速する新品種の育成」田畑哲之 かずさDNA研究所所長

会場:三島市民文化会館(静岡県三島市一番町20番5号、三島駅南口より徒歩3分)
※駐車場はありませんので、近隣の有料駐車場又は公共の交通機関をご利用下さい。

 クリックで拡大表示→

■主催・共催:大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構、データサイエンス共同利用基盤施設、国立遺伝学研究所
■後援:三島市・三島市教育委員会
■お問合せ:データサイエンス共同利用基盤施設 DSWS 実行委員会 data.ws.loc-2018@nipr.ac.jp TEL:042-512-9254

※ポスター(PDF)は下記からダウンロードできます(「Download」をクリックください)。

添付ファイル

2018年5月20日

日本地球惑星科学連合2018年大会(5/20~24)のブース展示

無事に終了しました。大勢の皆様にお立ち寄りいただきありがとうございました!(5/25追記)

 

本日より幕張で開始された「日本地球惑星科学連合2018年大会」(JpGU2018)において、当施設のブース展示を行なっています。

皆さまのお越しを心よりお待ちしておりますので、ご参加の際にはぜひお立ち寄りください。
下記案内のA98番です。

展示場レイアウト:一般展示 A01~A99 (別窓で開きます)

2018年5月11日

日本地球惑星科学連合2018年大会(5/20~24)でブース展示をします

無事に終了しました。大勢の皆様にお立ち寄りいただきありがとうございました!(5/25追記)

 

来たる5月20日(日)~24日(木)に、幕張で開催される「日本地球惑星科学連合2018年大会」(JpGU2018)において、当施設のブース展示を行ないます。

ご参加の際には、ぜひお立ち寄りください。下記案内のA98番です!

展示場レイアウト:一般展示 A01~A98 (別窓で開きます)

※ご参考:研究コーディネーターの活動(学会でのブース展示のお知らせ)

2018年5月11日

Opened the web page of “International Workshop on Data Science 2018”.

Please refer to the following.
https://ds.rois.ac.jp/article/dsws_2018/

2018年2月9日

【イベント】3/13(火)第2回人間・社会データ構造化シンポジウム(社会データ構造化センター)

第2回人間・社会データ構造化シンポジウム

日時:2018年3月13日(火)10:00~20:00(開場9:30)
場所:一橋講堂 中会議室1・2(千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内)
   アクセス http://www.hit-u.ac.jp/hall/file/menu-016/file_01.pdf
定員:100名・参加費無料    
備考:18:30~意見交換会を行います(於 学術総合センター3階 食堂)
※参加申込みはこちらをクリックしてください。
※チュートリアルセッション及び基調講演でとりあげるトピックや
 牧野・森弁護士、Jagodzinski先生への質問を募集しています。
 こちらの投稿フォームよりご質問をご登録ください。
 
プログラム:  
■チュートリアルセッション(10:00~)
 「社会調査の法的リスク対応(仮)」~個人情報保護・データ共有・共同利用~
 牧野総合法律事務所 牧野二郎弁護士・森悟史弁護士 
■基調講演(13:30~, in English)
 「The Processing of Personal Data for Scientific Research under the
 European and German Data Protection Regulation.」
 Prof. Wolfgang Jagodzinski
■社会データ構造化センターの取組紹介(14:45~)
 第1セッション 社会データ構造化センターの取組
 第2セッション 共同研究プロジェクトの紹介
         長崎大学・一藤裕准教授、津田塾大学・伊藤由希子准教授
         専修大学・金井雅之教授、青山学院大学・真鍋一史教授
         一橋大学・堂免隆浩教授、NICT受託プロジェクト
 
本シンポジウムのポスターは以下「Download」をクリックするとダウンロードできます。
添付ファイル

2018年1月31日

【イベント】(2018/3/12(月)@情報研)第6回CODHセミナー 「歴史ビッグデータ」(人文学オープンデータ共同利用センター)

第6回CODHセミナー

歴史ビッグデータ
〜過去の記録の統合解析に向けた古文書データ化の挑戦〜

を開催します。

詳しくはこちらをクリックしてください。

2018年1月17日

国際ワークショップを開催しました(2017/12/5-7, PEDSC)

平成29(2017) 年12 月5 日~7 日、当施設は、国立極地研究所が主催した第8 回極域科学シンポジウムに合わせ、「分野を超えた科学データの共有・引用・出版に関する国際ワークショップ」を開催しました。

文字通り様々な所属と研究分野の研究者70 名が参加し、研究成果のオープン化に関する国際状況を踏まえ、極域科学(地球惑星科学・生物学)をはじめ人文学・社会学的データも含む学際的視野に立ち、科学データ全般を扱うオープンサイエンス・オープンデータの最近の動向について議論を行ないました。

特に分野横断型研究への発展の可能性を含め、データ共有(相互利用)・データ引用・データ出版・データジャーナル等に関する情報・意見交換を重点的に行うとともに、国際連携の枠組みをベースにした学際的データサイエンス・コンソーシアム形成も将来の視野に入れ、今後の同施設における共同利用・共同研究のための各種プラットフォーム構築の方向性・展望を検討しました。

 

ワークショップの様子

 

藤井良一機構長、藤山秋佐夫施設長を囲んだオープニングの参加者ら。


(ワークショップ案内はこちら)

http://polaris.nipr.ac.jp/~pseis/data.ws-2017/main.dwt