【ROIS-DS】第4回成果報告会(2024/02/29開催)

【ROIS-DS】第4回成果報告会(2024/02/29開催)

ROIS-DS第4回成果報告会

大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構(ROIS)の法人第3期中期目標期間の初めに設置された当施設(ROIS-DS)は、2022年度から法人第4期の新たなフェーズに入りました。
そこで第4期の活動方針等も踏まえ、昨年度に引き続きROIS-DS成果報告会を開催することにいたしました。
関係者の皆さまのご意見、ご支援をいただくとともに、ROISにおけるデータサイエンスのさらなる推進を図る機会にしたいと考えます。
お忙しい中とは存じますが、産官学を始め、多くの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

【開催日時】2024年2月29日(木)13:30~18:00
【開催方法】オンライン開催※(Zoom WebinarおよびSpatial Chatを利用。接続情報については後日連絡いたします)
【主催】大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設(ROIS-DS)
【参加費】無料(事前申込制)→下記のリンクをクリックしてください。お申込みは、2月27日(火)正午までにお願いします
【チラシ】ここからダウンロードできます。

★★★ (事前申込制)参加登録はここをクリックしてください ★★★

 

プログラム

※以下の内容については、一部変更する可能性があります。

第1部 基調講演・センター活動報告(13:30~16:05) ※Zoom Webinar

  講演タイトル 所属 役職 氏名(敬称略)
13:30~13:40 開会挨拶 情報・システム研究機構(ROIS) 機構長 喜連川 優
13:40~14:10 TBA ROIS データサイエンス共同利用基盤施設 施設長 荒木 弘之
  センター名 氏名(敬称略)
14:10~14:25 ライフサイエンス統合データベースセンター 小原 雄治
14:25~14:40 極域環境データサイエンスセンター 門倉 昭
14:40~14:55 社会データ構造化センター 前田 忠彦
15:05~15:20 人文学オープンデータ共同利用センター 北本 朝展
15:20~15:35 ゲノムデータ解析支援センター 野口 英樹
15:35~15:50 データ同化研究支援センター 上野 玄太
15:50~16:05 人工知能法学研究支援センター 佐藤 健

第2部 ポスター発表(16:05~18:00) ※Spatial Chat

◆ライトニングトーク(16:05~16:30)@zoom
◆個別発表時間:15分程度を予定。
 ※全室共通、各部屋において実施
◆閉会挨拶(17:50)

※2024年2/21(水)更新。プログラムは2/22(木)を目途に確定する予定です。
ポスター発表タイトル 組織名、センター名 役職 氏名(敬称略)
コアタイム①
16:30~16:45
PubCaseFinder: 希少・遺伝性疾患検索サービスの歩み ライフサイエンス統合データベースセンター 特任研究員 申 在紋 (シン・ジェムン)
コアタイム①
16:30~16:45
症状・所見に重きをおいた非典型例も含めた徴候データベースの開発と、生成AIを用いた公開・共有可能な症例データベース構築 国立精神・神経医療研究センター(NCNP) 神経研究所 疾病研究第三部 室長 土肥 栄祐
コアタイム①
16:30~16:45
データサイエンス国際シンポジウム(DSWS-2023)報告 極域環境データサイエンスセンター 准教授 金尾 政紀
コアタイム①
16:30~16:45
PEDSCでの宇宙線に関する研究 極域環境データサイエンスセンター 特任研究員 小財 正義
コアタイム①
16:30~16:45
「社会データ構造化センターの社会調査データ提供事業と個人情報保護への対応」 社会データ構造化センター 特任助教・特任研究員・准教授 芝井 清久・田中 康裕・前田 忠彦
コアタイム①
16:30~16:45
kmer頻度に基づく新しいポリッシュプログラムの開発 ゲノムデータ解析支援センター 特任研究員 宮澤 秀幸
コアタイム①
16:30~16:45
Mammalian phenotype ontology の日本語化とライフサイエンス辞書の応用 ライフサイエンス統合データベースセンター 学術支援技術専門員 高月照江
コアタイム②
16:50~17:05
社会調査データのオープン化に向けたデータライフサイクルのマネジメントの検討 社会データ構造化センター 特任研究員 田中 康裕
コアタイム②
16:50~17:05
Impact of Gaussian transformation on cloud cover data assimilation for historical weather reconstruction 人文学オープンデータ共同利用センター 特任研究員 王 小醒
コアタイム②
16:50~17:05
メモリーグラフを用いた京都の町並み変化に関する地域学習教材に関する研究 大阪大学 サイバーメディアセンター 特任助教 高橋 彰
コアタイム②
16:50~17:05
(仮)「詳細率」と「重複率」を用いた日記天気記録と日照時間との対応関係の検討 名古屋工業大学 准教授 庄 建治朗
コアタイム②
16:50~17:05
東日本に凶作をもたらした天候の時空間構造の文書記録を活用した解析 立正大学 教授 増田 耕一
コアタイム②
16:50~17:05
世論の核保有支持と安全保障問題の相関分析 社会データ構造化センター 特任助教 芝井 清久
コアタイム②
16:50~17:05
TogoVar: 日本人ゲノム多様性統合データベース ライフサイエンス統合データベースセンター 特任研究員 三橋信孝
コアタイム③
17:10~17:25
マッピングフリーなゲノムガイド型アセンブラーの開発の現状と課題 ゲノムデータ解析支援センター 特任研究員、特任教授 寺内 真、野口 英樹
コアタイム③
17:10~17:25
NGSデータを活用したニホンカモシカのY染色体STRマーカの開発 麻布大学 教授 田中 和明
コアタイム③
17:10~17:25
New dataset for tsunami early warning: calculation of tsunami horizontal velocity field from tsunami magnetic field データ同化研究支援センター 特任研究員 林 智恒
コアタイム③
17:10~17:25
衛星観測による霧判別の季節・地域特性と地上設置カメラ画像解析による霧判別の開発 気象大学校 准教授 大塚 道子
コアタイム③
17:10~17:25
機械学習による地磁気永年変化推定 京都大学 准教授 藤 浩明
コアタイム③
17:10~17:25
ROIS-DSにおける「JST プログラムマネージャーの育成・活躍推進プログラム」を活用した研究戦略 DS推進室 特任准教授、研究コーディネーター 馬場 知哉
コアタイム③
17:10~17:25
機械学習を用いた南極域の気温・水温復元手法の開発と高精度化 北海道大学 准教授 関 宰
コアタイム④
17:30~17:45
海洋データ同化システムにおけるArgoフロート観測のインパクトについて 気象研究所 主任研究官 藤井 陽介
コアタイム④
17:30~17:45
地球磁気圏MHDモデルを模倣するエミュレータの開発 情報通信研究機構 主任研究員 中溝 葵(代理発表:中野 慎也)
コアタイム④
17:30~17:45
Some New Perspectives on Data Management and Knowledge Exploration in Legal Informatics in the LLM Era 人工知能法学研究支援センター 特任研究員 Nguyen Ha Thanh
コアタイム④
17:30~17:45
A many-valued semantics for information representation 人工知能法学研究支援センター 特任研究員 Song Yang
コアタイム④
17:30~17:45
Leveraging Large Language Models for Data Augmentation and Annotation 人工知能法学研究支援センター 特任研究員 May Myo Zin
コアタイム④
17:30~17:45
体内時計の仕組みと睡眠病の原因解明を目指して 名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所 特任講師 金 尚宏
コアタイム④
17:30~17:45
社会調査データの共同利用推進 社会データ構造化センター 特任専門員 町屋 広和


参加マニュアル:TBA